紛争鉱物に関する声明

当社では持続可能な行動が事業上の意思決定の基盤となっています。 当社の企業価値によって倫理的・法的な枠組みの境界が定められており、その中で 事業をして成功への道を歩み続けたいと願っております。 現行法および社内ガイドラインに順守することは、当社の健全性の基盤であり、事業にとって不可欠であると考えています。

Blohm Jung GmbHは、米国の証券取引所に上場されていないため、2012年8月に公開された米国証券取引委員会の要件を満たし、紛争鉱物報告書を提出する法的義務はありません。 それでも当社ではサプライチェーンのデューデリジェンスを引き続き継続します。 それというのも、他の多くの企業と同じように 当社でも 、サプライヤーから購入した製品や部品に紛争地域の鉱物が含まれている可能性があるという問題があるためです。

サプライチェーンにおける紛争鉱物の使用、来歴、産出地を特定するために、全社で統一されたプロセスを導入しました。 サプライヤーと密接な関係を持つことは、これらの措置を実行するのに役立ちます。 必要に応じてサプライヤーと協力してリスクを最小限に抑え、今後も購買の際には確立された実証済みマネジメントプロセスに基づいて、責任を持って行動するように配慮していきます。

Blohm Jung GmbH は、適切なデューデリジェンスプロセスを策定するためのガイドライン「紛争地域および高リスク地域からの責任ある鉱物サプライチェーンのOECDデューデリジェンスガイダンス」に従っています。 その中でも、鉱物サプライチェーンにおけるリスクのデューデリジェンス検査が計画されています。

このような措置を通じて、私たちは米国証券取引委員会 の要件を満たす必要があるお客様に透明性を提供しています 。

スタートページ
グローバルグループ
ja Change Language