当社の要件に対する準拠の検証

以下の方法を使用して、 行動規範の義務と原則の持続可能な順守を 検証します:

  • リスクベースのアプローチ

  • インシデントベースの検査

  • サプライヤー品質監査

リスクベースの戦略

当社のリスクベース戦略は、サプライチェーンにおける持続可能性に関連するリスクを特定するように策定されています。 この枠組みによって、最も必要としている分野にリソースとリスク軽減措置を集中させることができます。

これに関連して特定された全サプライヤーに対し、今後の行動方針を決めるために個別の明確化プロセスが行われます。 考えられる手順としては、開発計画の開始、持続可能性の監査、あるいはサプライヤー提携の段階的な停止があります。

社内のリスクベースの戦略

社内戦略では、サプライヤー認定プロセスおよび定期的なサプライヤー品質監査の一環で取り沙汰された、潜在的なリスクのあるサプライヤーを体系的に特定します。 そして、監査結果が所定のしきい値を下回るサプライヤーは、潜在的なリスクが高いサプライヤーのリストに自動的に加えられます。 このリストは、明確化プロセスの後続のステップを続けることができるように、United Grindingグループ内の担当の購買単位に渡されます。

社外のリスクベースの戦略

リスクを特定するために、外部の情報源も使用されます。 たとえば、非政府組織のデータベース、メディアの報道、連絡先ネットワークを通じて受信した情報などです。 当社の企業価値の侵害の可能性があるという報告は明確化プロセスの中で処理され、インシデントベースの検査などの今後の対処が決められます。 購買ポートフォリオの完全なリスク評価を行うために、外部データに基づいたリスクバランスフレームワークが構築されました。 これには、国別および品目グループ別のリスクの割り当てが含まれています。

国別のリスクの割り当て

持続可能性に関連したリスクの概要を得るため、 各国で異なるサステナビリティリスクリスク指標が設けられています。 指標の例としては、水の利用可能性、汚職の可能性、人権の尊重などがあります。

品目グループ別のリスクの割り当て

さまざまな品目グループの製造に関連するリスクを特定するため、各品目グループにサステナビリティリスクが割り当てられています。 リスクには、たとえば、環境保護、作業の安全性、従業員の健康および安全があります。

インシデントベースの検査

サプライヤーの要件に違反した場合は、 サプライチェーンのリスクを最小限に抑えるためにインシデントに関連した検査が実施されます。

プロセス

イベントベースの検査は、特定の 企業価値 の違反を調査するために特別に設けられた現地検査です。

この検査の間、指名を受けた関連分野の専門家はサプライヤーの状況を現地検査し、要件の持続可能な順守につながる適切な措置をサプライヤーと一緒に探ります。 これらの措置は直ちに実施され、指名された専門家が決めた妥当な修正期限の後でさらに事後検査を行います。

この指名を受けた専門家とは、当社でこの分野の訓練を受けたスタッフの一人か、またはBlohm Jung GmbHにより委任され 認定された 外部の会社の専門家になります。

フォーカス

サプライヤー要件 に対する重大な違反が強く疑われる場合は(サプライヤの(メディア報道、信頼できる情報源からの情報など)、インシデントベースの検査を行います。

措置

現地の状態が修復不可能であると専門家が判断した場合、提案された措置を実行していない場合、または状況を改善しようという意思が見られない場合、指名を受けた専門家はそのサプライヤーとの提携を中断するように勧めることがあります。 それを受け、最後の手段として購入契約を解除します。

サプライヤー品質監査

持続可能性の要件もまた、定期的なサプライヤー品質監査に含まれています。

プロセス

定期的なサプライヤー品質監査の一環として、持続可能性に関する質問をすることで行動規範の要件に順守しているかを検査します。

フォーカス

持続可能性に関する質問は、各国のリスクアセスメントに関係なくすべての品質監査で行われます。

措置

取り決められた是正措置が増加することで、監査を念頭に置いたサプライヤーとのコミットメントが引き続き強化されます。

取り決められた是正措置は、行動規範の要件からの逸脱を反映したものではなく、何らかの方策、ガイドライン、情報および訓練または組織の規則などの欠落または不完全性に対し、サステナビリティマネジメントの構造上の改善を目指すものです。

スタートページ
グローバルグループ
ja Change Language