持続可能性

Blohm Jung GmbHにとって持続可能性とは、経済的、生態学的、社会的なレベルで 将来の世代に責任を持って行動することを意味します。

サプライヤーと緊密に協力して初めて、持続可能性のリスクを最小限に抑え、チャンスをつかむことができます。 そのため、競争力があり、全体的にバランスが取れていて、地域に根ざしたサプライヤーネットワークは、当社の成功にとって不可欠な前提条件となります。 当社のサプライヤーは当社の持続可能性指向のバリューチェーンにおいて決定的な役割を果たしているため、Blohm Jung GmbHではサプライヤーも持続可能性への取り組について明確に示すことを期待しています。

サプライヤーの基準

私たちはUNITED GRINDINGグループ の一環として、私たちと同じ経済的、環境的および社会的責任を当社のサプライヤーも負うことを要求します。 これらの持続可能性の基準と原則は、当社の企業価値の基盤に 定着しています。

リスクを認識し、チャンスを活用する

私たちの 目標は、サプライチェーンにおけるリスクを最小限に抑え、最善の方法でサプライヤーネットワークの可能性を高めることです。

そのために、品質、コスト、可用性だけでなく、一貫性のある革新力と持続可能性も考慮した上でサプライヤーマネジメントを行っています。

また、サプライチェーンの潜在的なリスクを体系的に特定できるように、適切なプロセスを含むシステムを構築しました。 このシステムは、サプライヤー評価およびサプライヤー自己評価、ならびに現地検査(監査)で構成されています。

このすべてのプロセスにおいて、サプライヤーと密接で協力的な連携関係を築き、サプライヤーのもとで長期的に能力を高めるという原則に基づいています。

責任

経済的責任

当社の原則は、会社発展に必要な資金を自社の手段のみを使ってまかなうことです。 それによって当社の経済的な自立を確保し、持続可能で前向きな発展のための基礎を築くことができると考えます。 当社の目標は、価値を生み出し、企業価値を高めることです。 

長期的で前向きな成長は、短期的な成功よりも当社にとって重要です。 そのことは、業界平均を上回る研究開発費や新規事業領域への高額投資と成長に表れています。

環境に対する責任

環境保護は、United Grindingグループの主な目標の1つです。 この目標が他の目標から切り離されているわけではなく、長期的な企業戦略の不可欠な要素となっています。 最高品質の製品を追求することには、資源を節約する姿勢も含まれます。 このことは当社の製造工程だけでなく、当社製品にも当てはまります。 当社の環境方針の目的は、環境保護と経済効率を調和させることです。

社会的責任

当社の経済行動は、当社の従業員、顧客、サプライヤー、その他のビジネスパートナーに約束した社会的原則に基づいています。 従業員にやりがいがあり安全な職場を提供できるように、自社で使用できる資本を活用することが重要な目的の1つとなっています。 また、当社では若い世代が仕事をスムーズにスタートできるように訓練することにも特に関心を抱いています。 未来を見据えた姿勢、健康保護、訓練、作業の安全性、社内の多様性の促進は、私たちの持続可能性を促進するために大切であると考えます。

スタートページ
グローバルグループ
ja Change Language