Surface & Profile

MÄGERLE BLOHM JUNG

Cylindrical

STUDER SCHAUDT MIKROSA

Tools

WALTER EWAG

PLANOMAT HP - ユニバーサル機械

PLANOMAT HPにより、繰り返し実現可能な高精度と強力な高速度が融通性と結び付きました- 効率のよいプロファイル研削にとって理想的な組み合わせです。 モジュール式PLANOMAT HP機械の精確性は、頑丈で、3点インストールでそれ自体強固な設計により、実現されます。 非常に精確なデジタル式ボールスレッドドライブと組み合わされた最高24 kWの駆動性能が、フィード高速度と高加速度を保証します。 1分間40メートルのテーブル速度は研削時間を減少し生産性を向上させます。 ほとんどメンテナンスフリーのリニアガイドと高性能で機械寿命全期間にわたり潤滑された研削スピンドルがメンテナンスの手間を最小限に止めます。 その作業目的によりPLANOMAT HPシリーズには6種類の様々な作業範囲が用意されています: 400 mm x 800 mm~600 mm x 2000 mm。 その他にも、2つの異なる制御コンセプトによって、それぞれの研削加工に最適な適応が実現されます。 EasyProfileコントロール・ユニットは Siemensを基盤とした、タッチスクリーンの革新的なBLOHMユーザーインターフェースで、その直感的なオペレーションにより、作業場で日常的に行われる全ての作業を理想的に処理します。 PLANOMAT HPにプロフェッショナルCNC制御システムSinumerik 840Dを装備すれば、工具製作とシリーズ生産における複雑なアプリケーションが可能になります。

  • 研削範囲: 800 x 400 mm ~2,000 x 600
  • テーブルからスピンドル中央までの距離 150...700(オプション 950)
  • トラベル/フィード速度: X軸 900 - 2100 mm, 30...40.000 mm/min Y軸: 550(オプション800)mm, 4...6,000 mm/min Z軸: 360 mm, 4...6,000 mm/min
  • 研削スピンドルドライブ性能: 1,000 1/min(オプション 24 kWまで)で15 kW
  • 最大研削ホイール直径: 400 mm
  • 最大研削ホイール幅: 80 mm (技術上変更の可能性あり)

ブローチを研削する

BLOHM は多様な応用に向けて、平面研削機とプロファイル研削機を提供しています。本ビデオは、PLANOMAT HP 616におけるアンダーカットと共に、ブローチの測定及び研削の様子を示しています。

ブローチは超鋼によるハイスピードスチールを原料とする金型で、その硬さと精密さを特徴としています。ブローチングツールは今日、タービン工業及び自動車工業で使われます。

この金型の製造工程は、その品質及び製品寿命を保証するために、高度な要求に応えなければなりません。このために、BLOHM社のPLANOMAT HP は、高精密な機械的・電気的部品を装備して、要求に応えています。

その際にソフトウェアが生産をサポートします。こうして仕上げ工程も研削工程も完全自動で進められ、高度の反復精度を達成してきました。またエッジの二番取り研削の際には、ソフトウェアが輪郭のズレを修正します。衝突を防ぐために、エッジは極小ツールを用いて一定の角度で削られます。